一時間半で8万!?高級キャバに行って衝撃を受けた話。

こんにちは!ショーンです。

 

僕は現在起業家として
六本木や渋谷で仕事をしています。

 

先日なのですけど、
六本木の実業家さんと一緒に
歌舞伎町のキャバに行ってきました。

急遽キャバクラに連れていかれる

「お前、モテたいのに
上のレベルの女もしらねーのかよ、行くぞ」って
言われて、その日のうちにタクシーに乗せられて
連れていっていただきました。

 

その人は超モテてて、
普段から女の子からも男からも
ひっきりなしにラインがきます。

 

仕事をするときは通知をオフにしてるくらい
メッセージが来まくります。
キャバ嬢も落とすし、
クラブの嬢や、グラドルなんかも
落としています。

 

そんな彼に金魚の糞のごとくつきまとった話。

 

自慢かよ!と思われるかもしれないのですが、
普通に勉強のためにお金を使ってきましたw
めちゃくちゃためになったので、
今日は勉強してきたことをお話したいと思います。

はじめてのキャバクラ

============
僕にとっては初めてのキャバで
キャバの中でも比較的金額が高いお店。

 

実はその前に
ちょっと高めの相席屋にも行こうとしたのですが、
その日たまたまアディダスのジャージを着ていて
「ドレスコードに反するので入れません」と
断られていました笑

 

ですが、キャバはVIPなのでOK。
なんだこの差はと思いました。

 

キャバの名前は美人○屋というお店。
実業家の彼はVIPなので、
VIPルームに通されます。

 

普通に飲みにきているお客さんがいるフロアを抜けて
VIPルームに行きます。

 

通されるまでの待遇も超高待遇。
20人くらいでしょうか?
おそらく空いている人が全員立ち並んで、
部屋にいくまで「いらっしゃいませ」と
声をかけてきてくれます。

 

それだけで承認欲求が爆上がり。
お客さんもこっちのこと見てきます。
ちなみに二人で行ったのですけど、
言ってしまえばどっちも20代のガキンチョです笑

 

「え、あいつらがVIPなのかよ」と思われていたと思います。

 

それから、個室に入って嬢が入ってきます。
個室は多分16人くらいは入れるところで、
めちゃくちゃでかい部屋に女の子と合わせて
4人なのでめちゃくちゃだだっぴろい。

 

そしてついてくれた女の子はめっちゃかわいい。
Gカップで身長171センチで
茶髪の元レースクインという
超絶美女。
胸もさることながら、
ミニすぎてパンツ見えそうすぎでした。

キャバ嬢、話うますぎ問題

そして話も異様にうまい。

 

キャバ嬢なに言っても笑ってくれる。
あえてつまらないこと言ってみたりもしたのですが、
それでもすごいプラスにとってくれる。
アホみたいに自己肯定感上がる。

 

こっちが気を使わなくてもどんどんしゃべってくれる。
話し上手だし、地雷は踏まない。
仕事のこともほとんど聞いてこない。
どんな女が好きかとか、
私と付き合ったらどんなデートができるかとか、
そういうのっていやな気がしないですよね。

 

僕はフリーで入ったのですが、
フリーで入ると、女の子が10分ごとくらいに変わります。
女の子が変わる時、ボーイに呼ばれるんですけど、
たからってすぐに席を立たない。
ボーイ完全無視で、
「ほんとはもっとあなたとしゃべっていたい」
という感を演出してくれます。
3分くらいかな。
もう終わりなのが名残惜しいって感じで
いてくれるんですよね。
また来たいって思わせてくれる。

 

結局それで1時間半話してお会計。
お酒は4つだけ頼んで、お会計が
8万3220円でした。

 

1時間半で8万超・・・
さすがにすげーぶっ飛んでるなって思ったんですが、
レベルの高いところを見ることができたっていうのは
すげー勉強できました。
いい体験でした。

キャバクラの本質とは

別に僕はキャバ嬢が好きなわけではないです
ストナンやネトナンができるので
出会いにも困らないし、
キャバやってない子でも可愛い子なんて
無限にいるので、別に行かなくたっていいんです。

 

でも、今回行ったのは高級店です。
大衆店を知らないのでなんとも言えませんが、
ホスピタリティ的な話で行くと、
マジで格が違うなと思いました。

 

キャバ嬢って
やっぱり自分の美とトークが商品なので、
言ってみれば我々恋愛プレイヤーと同じなんですよね。

 

まぁあっちは商売ですけど。

 

どうすれば相手が「快」を感じてくれるか
自分と一緒にいる時間に価値を感じてもらえるか

 

その一点で考えて対応してくれます。

 

それって、自分たちの活動としても
めちゃくちゃ勉強になりますよね。

 

今まで、キャバってモテない男が可愛い子と話すために
行ってるんだと思ってたんですが、全然違いました。

 

高級店のキャバにきてる人たちって
僕が思っていた以上に「モテる人」が多い。
ようするに、女に困ってない人がきてるわけです。

 

なんで行くかって、ようはアゲマンに
あやかりに行ってるんだと思います。
だって気持ちいいんだもん。

 

外見も内面もいい女性と話すことで
自分の基準値があがります。

 

きれい、優しい、自分を上げてくれる。
そんな女性を知っていれば、
自分のセルフイメージを下げるような女性は
こちらから「お引き取り願います」と
お断りできます。

 

引けば相手は「離れてしまうんじゃないか」と
不安になって丸くなります。
追われるようにならないといけない。
ある程度ゲットできるようになってきたら、
質を高めていく。
レベルの高い女子をゲットするには
そういう子とも絡んでみる。

 

すごい貴重な体験ができました。
見た目もトーク力もホスピタリティも(おもてなし精神)
人間的な魅力も。

 

もっともっと伸ばしていて
いい女をゲットしていきます。

セフレを作って自信をつける。行動力があがるメルマガを発行しています。

僕は現在週1人程度、
女性との新しい出会いを楽しみながら
6人のセフレに囲まれて暮らしています。

 

もともとモテていたわけでも、
モテる武器があったわけでもないです。

 

身長は164センチで
ひ弱な体つき。
顔は濃ゆいのが移ると言われたり
童顔なのに体毛が濃ゆいことを
バカにされたこともあります。

 

クラブに行けば男に絡まれる
高校時代は
ヤンキーにボコられる経験もしてます。

 

風俗でお金を払ってSEXするのが
当たり前だと思っていました。

 

そんな僕でも、
ナンパに出会い、
恋愛を学び、実践し
本気で向き合ったところ、

 

あっさりとセフレという
心も体も満たされる
関係を築くことができました。

 

今ではデートの相手には困りませんし、
「今日はだれかと寝たいな」と思ったら
空いてる子が来てくれます。

 

恋愛は学校では学べません。
女の子との出会い方や
関係性の構築など。

 

そして、なにより
女性関係の悩みを克服することにより
揺るがない圧倒的な自信をつけました。

 

現在は起業して
自信をつけるセミナーをやったり
モテたい人にコンサルをしたり
webサイトの運営をやったりしています。

 

モテるっていうのは
男として、オスとして
必ず達成しないといけないことだと
僕は考えています。

 

そして、モテるのはただの通過点で、
自信をつけて人生を幸福にするのが
僕の理念です。

 

卑屈で、結果が出るのも遅かった自分が
どうやって今の自分を築いていったのか
その内容をメルマガにて発信しています。

 

自分でいうのもあれですが、
結構面白いと評判です。

 

もし興味があればサクッと
登録してみてください。

特典付きメルマガを読んでみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です