ファッション全くわからなかった僕が美容師ですか?と言われるようになるまで

どうもこんにちはユーヤです。

あなたはファッションに自信はあるでしょうか?

ちょっとこの画像をみてください。

どちらもあの山田孝之ですね。

顔も背格好も同じなのに、

かたやモテない男の代表という感じ。

かたや人を何人も○していそうな雰囲気。

そうです。
ファッションが人に与える影響ってものすごいんですよ。

今回はそのファッションについての記事です。

ちなみに参考までにですが、
ファッションを変えて、
tinderを新しい写真に変えてから
1日で100マッチすることができました。

(昔は2週間で120マッチとかでした。)

はっきり言ってダサい状態で写真を撮ってもらったり、
いい感じのところに行って
アプリ用の写真を撮るのはすごくもったいないです。

そして、おしゃれな人ってめっちゃたくさんいますけど、
「そもそもおしゃれってなんやねん」って
思ってる人も多いと思います。

なにを隠そう、僕もその一人で、
正直自分のことをおしゃれな人だとは思ってません。

でも、今年の春くらいからは声をかけた女の子に
「美容師ですか?」「ホストっぽい」などと
言われることが多くなりました。

美容師もホストも顔の造形は関係ないので、
ファッションありきということになるのですが、
見た目を売りにしている職業に間違われるのは
マイナスではないのかなと思います。

先に自分の立場を明かしておくと、
僕はファッション誌に目を通したことはほとんどありませんし、
新作のアイテムを見にわざわざお店にいくようなこともしません。

昔に比べたら好きになりましたが、どちらかというとファッションに興味が薄いタイプの人間です。

でも、だからこそ「ダサい男」の気持ちも非常によくわかります。

この記事は

・服には全然興味はない
・知識を仕入れるのもめんどくさい
・マッチングアプリで全然マッチしない(ファッションに問題がある可能性あり)
・別にめちゃくちゃおしゃれじゃなくてもいいから、そこそこいい感じになりたい

と思っていた過去の自分向けに書いていきたいと思います。

おしゃれな人からは批判が来そうですが、
そもそも興味が少ない人が
枠外から話していると思っていただけると幸いです。

ということで、今回はダサい男が
(モテそうな)いい感じのファッションになるための方法について
のんべんだらりと講義していこうかなと思います。

その前に、まずは僕のファッションの遍歴から見ていこうかなと思います。

20代前半 ゴチャゴチャ期

とりあえずよくわからんけど
よさげ(に見えていたもの)を全部合体しとけって感じの時期です。
いや、これ悪くないな・・とか思ってたんですよ・・・

(ポージングも死ぬほどダサい。)

色の基本的な考え方については後述していこうと思うのですが、
とにかくこの時期は「ゴチャゴチャしとけばええやろ!」って感じでした。

色も系統もよくわからんって感じです。

んで実際着ている本人はダサいと思っていないのです。

ジーンズは確かアベイル(しまむら系列)で買ったやつで、
シルエットもブカブカです。

アメカジとかが好きだった気がします。

ナンパ開始初期 清潔感+無難期

とりあえずナンパをし始めた当初は
おしゃれについてよくわからなかったので、
ツイッターや無料ブログを参考に
ファッションを変えようと決めました。

そこに書いてあったのが、
「清潔感+最低限の格好であればいいよ!」みたいなニュアンスのことでした。

(どうでもいいけどめちゃくちゃ細いな・・笑
このとき履いてるスキニージーンズは今もう履けません笑)

清潔感とは・・

本人が清潔かどうかではなく、清潔そうに見えるか。
また、鼻毛が出ていたり、汗でぐっしょりしていないか。
などなど。

まああんまり深くは書きません。

そして、最低限足切りされない無難な格好について・・

ここでだいぶ悩まされました。

ブログなどによると、

ジャケット+シャツ+チノパン(ジーンズ)+手提げバッグ

みたいな感じでいいとのこと。

まぁ夏場ってのもあり、ジャケットは暑かったので

シャツ+ジーンズ

みたいな感じの服装が非常に多かったです。

ちなみに当時は細いのがコンプレックスで、
昔合流していた人はもしかしたらわかるかもなのですが
夏場でも長袖以外着てませんでした。

暑くない?って言われるのが毎回の会話のネタでした。

ちなみにこの写真も炎天下の8月とかに撮った写真です。
(後ろの人はみんな半袖ですね。)

季節感?なにそれおいしいの?

現在 ストリートファッション寄り

現在の写真は少ないのですが、

こんな感じ。

(1枚目はwearから持ってきたコーデです。撮った写真がないので。。でも似たような服装してます。)

春も夏も秋もその季節っぽい格好をしてました。

渋谷や新宿にいることが多いのでそれっぽい格好をしてるって感じです。

また、筋トレして体が大きくなったので(164cm/60kg)
服を選びやすくなったのが
すごい自分の中では大きな点だなぁと思っています。

さて、ここまで僕の遍歴をお伝えしてきました。

ぶっちゃけファッションに正解はないので、
これを見てどう思うかは
あなた様のセンスにおまかせするのですが、
少なくとも変だねと言われることはなくなりました。

では、これからはダサい人が
どうやってかっこよい(風に)ファッションを変えていけばいいのか、
おしゃれさんとダサい人の視点の違いなども交えながらお話していきたいと思います。

ダサい人とおしゃれな人は見ているものが違う

そもそも、おしゃれな人とそうでない人は見ているところが全く違います。

例えば、ダサい人とおしゃれな人が同じジーパンを見たとき、

ダサい人は

・色(あー青だー)
・形(ストレートな形だなぁ)

くらいしか見ていません。

一方、おしゃれな人は

・色(どんな青なのか)
・形(ストレートなのか、フレアなのか)
・シルエット(ストレートでも、その中で着た結果どんなラインが出るのか)
・サイズ感(違和感のないサイズか)
・素材感(どんな素材か、安っぽくないか)
・ブランド(どこのブランドか)
・全体の雰囲気に合うか(単体ではなく全部で)
・高見えするか(もしくは値段感)
・だれが着ているか(芸能人やモデルが着てるか?)

こんな感じで見ています。

情報量が全然違うのです。

僕自身、昔は3,000円のジーパンと3万円のジーパンを見比べて
「え、どっちも同じ色やし、変わらんやろ!!
安い方がええに決まっとるやんけ!」と思っていました。

ですが、高いジーパンは高いジーパンなりに理由があります。

安いジーパンはチープなんです。

それを僕には言語化する能力はないのですが、
実際履いて鏡をみるとわかると思います。

値段が高い=正義というわけでは全くありませんが、
少なくともおしゃれな人には安そうか、
高そうかくらいはすぐに見分けられると思います。

値段に関してはピンキリなので、こうあるべきという回答は難しいのですが、
ボトム(パンツ)は1万円程度。

シャツは3000円〜

アウターやジャケットは1万円以上出した方がいいかなとは思います。

(※ファッションに関しては値段で決められない部分が多いため詳しくは話しません。
黒スキニーなんかは、ユニクロやZARAでもかっこよく着れるものが多数あります。)

清潔感さえあればいいの間違い

界隈に入ってすぐ、
別に服装なんてなんでもいいし、
 清潔感さえあればゲットできるよ

という言葉に騙された人もいるのではないでしょうか。

多分にもれず僕もその被害者の一人です。

いや、被害者ぶっちゃダメですね。
めんどくさがって勉強しようとしていませんでした。

もともとおしゃれというものに知見がない男にとって、
「清潔感さえあればいいよ」
という言葉は、救世主(メシア)とも言えるくらいありがたい言葉です。

「あ、清潔感あればなんとかなるんや!
 おしゃれはわからんけど
 そんくらいなら自分にもできそうや!

そこで思考停止して、
清潔感を全面に押し出した
清潔感マンファッションに手を出すと、
誰にも刺さらないし、
マインドにもなにも変化がないことを
強めに伝えておきたいです。

また、タチが悪いことに、
もともとおしゃれに気を遣っていなかった人が
清潔感だけを求めて服を買うと、
レベルが大幅に上がったと勘違いしてしまい、
服への興味関心が薄れるというデメリットがあります。

清潔感があればゲットできるとは言っても、
おしゃれであれば有利であるという
事実は変わらないのです。

勢いで上のような図を作ってみたのですが、
とりあえず3を目指すのがいいのかなと思います。

4に行ったら結構遠回りします。

最初に買うなら
強気な性格にマインドが変わるような服を強くおすすめします。(後述)

「清潔感さえあればゲットできる」
という言葉を残している人は
ある程度ストができて経験豊富で
メンタルも強く、トークも上手な人が言っている。

ということを忘れてはなりません。

おしゃれをすると自分に自信がつく

おしゃれをすると、自分に自信がつきます。

ハイブランドの服を身に纏えば、
自分がすごいわけじゃなくても
なんとなく自分がすごいような気分になります。

今服にお金をかけておらず、
どれを着ても一緒やろ!!と思っている人には
まだいまいち実感できないかもしれないのですが、
服装に自信を持てるとそれがそのまま打診の強気さに繋がったり、
心の余裕に繋がったりします。

気持ちは外見から変化させることもできるのです。

ファッションとはアイコンである

アイコンって言葉はご存知かと思います。

まぁ一応説明しておくと下記のような意味ですね。

1つ目は「ソフトウェアの機能などを表した小さな絵記号」という意味です。
見た目で機能がわかりやすいように、スマホやパソコンのディスプレイに表示されている絵記号が「アイコン」です。
「アイコンをクリックする」や「アイコンが表示される」という場合はこの意味です。

2つ目は「あこがれの的になるもの」「象徴的なもの」という意味です。
「アイコン女優」で「あこがれの的となる女優」や「象徴的な女優」という意味になります。

んで、ファッションセンスを磨くということは、
上記2つをどちらも満たすことになります。

>見た目で機能がわかりやすいように、

とありますが、
その人の見た目がどんな見た目をしているかで、
その人が

・普段どんなところに住んでいそうで
・普段どんなことをしていそうで
・普段どんな友達と一緒にいそうで
・普段どんなことにお金を使っていそうか

と言ったことを間接的にアピールすることができるようになります。

例えば、ハイブランドと呼ばれる服を着ていると、
その人とは全く話したことがなくても

・お金持ってそうだな
・稼いでそうだな
・いい生活してそうだな
・悪いことしてそうだな

(この「〜そうだな」というのが大事で、
本人が実際どうかはわからないのです。)

など、いろんなイメージがつくと思います。

まさに「それを見ただけでなにを指しているのかがわかるアイコン」となるわけです。

もうひとつが「象徴的なもの」ですね。

これも似たような話になってしまうのですが、
「あの人の服装ってかっこいいよね」と言われることで
場のヒエラルキーがあがることであったり、(モデルさんとか。)

「自分(女の子)と同じ属性なんじゃないかな?」と
思ってもらうことができるようになります。

例えば、インスタで「#カップル」と
検索してみるとわかるのですが、
多くのカップルが似たようなコーデをしています。

強めの女の横には強めの男がいて、
韓国好きそうな女子の横には
韓国好きそうな男がいます。

MCM好きそうな女の子の横には
ホストっぽい男がいるし、

ザ・女子大生って感じの女の子の横には
ザ・男子大生って感じの男がいます。

人は自分に似た人に安心感を持ちます。
ここまで見た目の話をしましたが、
中身は全く関係のない話ですよね?

なのに、例えば韓国系の服を着てると、

・韓国好きそう
・ってことはセブチとかの話もするのかな
・一緒に韓国旅行とかいけそう
・メイクとかにも詳しそうだな
・一緒にカルビクッパ食いにいけそうだな

とか、色々考えてくれるわけです。
(僕は韓国全然知らないので上の話は超適当です。)

自分がゲットしたい層の格好をすることは、
最短ですきな子をゲットする近道になると思います。

ということは、ストをやるのにも
好みの服装でやるといいのか?という話になるのですが、
ここは少しだけ話をさせてもらうと・・

強めの服装だとストは多少有利になる

まぁぶっちゃけストリートナンパって
どんな服でも結果出てる人は結果出てるんで、
別にこれが最適解ってわけではないんですが、
無害感がありすぎる人は
ガンシカされやすい傾向があるかなと思います。

要はなめられやすいってことですね。

「あーなんか自分より格下の男から
声かけられてるけどこれは無視してもいいや」

って思われてる。

スカウトとか見てると、
「なんでそんな威圧感のある格好してるの??」って思う人も
いるんじゃないでしょうか?

ナイトワークなのでその辺の層の女の子(風の民、水の民)に
興味を持ってもらうためというのもありますが、
一番はなめられにくいので、
話を聞かせやすいというのがあります。

いきなりゴツくてデカイ、
金のネックレスをジャラリとつけた男に、
「オイ、お前」って言われたら、
なんか無視したらこわそうだから一旦話聞いておくか・・・

ってなる人もいるのではないでしょうか?

(また山田孝之)

その感覚ですね。

んで、実際話してみると意外と気さくな人が多いんですよね。
(そう見せてるだけの人もいるかもしれませんが。)

とすると、今度はイカツイ服装が、
「一見こわそうだけど、話せば普通の人じゃん」とギャップが生じます。

優しそうな格好の人がやさしいことを言っても
加点はありません。まぁそうだろうなって感じ。

でも、イカツイ人が優しいと、
そこにギャップが生まれて、
同じことをしたとしても好感度が爆上がりします。

普段は横暴で嫌なヤツ代表のジャイアンが、
映画版ではなにかとみんなを助けるアニキキャラになって
一気に好感度があがるのと同じです。

普段から助けるキャラではギャップは生まれません。

「ジャイアン映画の中ではいい人現象」ですね。

また、強そうな格好をしておくと、
なぜか自分が強そうという風に思えてきて、
マインドが上がります。

これは着てない人には
イマイチ感覚が掴みづらいと思いますが
本当に上がります。

スーツを着れば気持ちがビシッとするように。

パジャマを着るとリラックスするように。

服装にはその服装にあった気分にさせるという不思議な効果があります。

というわけで、
ひとつの例として「強めの服装」は
ストにおいては多少は有利になるというお話をさせていただきました。

ファッション弱者はこれからなにをすべきなのか

ここまでまとめると、

・清潔感だけではさしたる成果は得られない

・自分の好きな女の子の属性を見極めろ

・ストやるなら強めの服装でマインドを変えてみろ

といった内容で話をしてきました。

ですが、実際自分がどういう格好をすればいいのか?

また、これからどうやって服を選んでいけばいいのかについてはよくわからないと思います。

この点についてこれから説明していきます。

今持っている服を捨てながら読んでもらえると幸いです。

僕が考えるのはこの3つです。

・業者に頼む

・自分でやる

・トレンドを追う

業者に頼む

どんなことでもそうですが、知ってる人に教わるのが一番早かったりします。

今は(僕もやってますが)
いろんなファッション講習系の業者が出てきているので
そういう人に頼るのもひとつの手だと思います。

頼む時のポイントは二つ。

①男性コンサルに頼むこと

②時間換算しない人を選ぶこと

男性と女性の講師がいますが、個人的にはファッションは男性に頼むのがおすすめです。

女性に頼んでも、女性は自分の都合のいいような服装しか選ばないので
あまりいい結果を得ることはできないと思います。

それから、服を買うのに
時間単位でお金を払う業者さんもあまりおすすめしません。

たくさんの組み合わせの中から、

・あなたに似合う商品を見つけて
・似合うコーデを見つけて
・サイズがあるかを見て
・いくつか試着してみて
・予算や着まわしの数を念頭に入れながら
・探しているアイテムがない可能性もある
・場合によっては何店舗もまわる

これだけのことをするのに

〜時間○円(1時間1万円とか。)

で時給換算されてしまうと、
本当は似合ってないのに時間内に納めるために
いらんもんを買わされる可能性があります。

また、

・韓国系
・ストリート系
・オラオラ系
・きれい目系

など、業者によって得意不得意があるので
その辺も加味して選べばいいのかなと思います。

前述した通り、ストをやるなら
多少強めの格好がおすすめではあります。

大きなマインドの変化も実感できると思います。

きれい目スタイルは大きな変化がない分、
非モテでも手を出しやすいですが、

マインドの大きな変化は感じられないかもしれません。

思い切って強めの服を着てみて(俺もやれるな・・)という
謎のマインド変化を感じてほしいなとも思います。

自分でやる

自分でやる場合は、いきなりお店に行って我流でなんとかしようとしても無駄です。

もともと僕みたいに服に興味がない人が服屋に行っても
店員に言いくるめられるか、
単体でいい服を買っても、コーディネートで失敗すると思います。

wearやインスタグラム、ファッション雑誌などで情報収集をしてから
お店に向かうといいでしょう。

個人的なやり方のおすすめとしては、
wearでコーディネートを見つけて、
そのコーディネートの服をまるまる一式買うというやり方です。

インスタグラムやファッション雑誌で服をみるのもいいのですが、
いかんせんインスタグラムだと

・そもそもどこに売ってる服なのかがわからない

・値段がいくらくらいなのかがわからない

といったデメリットがあります。

また、ファッション雑誌の場合は
新作アイテムの紹介がメインになることが多く、
コーディネートよりも単品でのアイテム紹介ニュアンスが強くなります。

また、単価が高い商品が多いため、
結局自分の予算の都合から、

いいなと思った商品があっても
似たような違う商品を買って失敗することが多かったです。

例:かっこいい黒のダウンが紹介されていたけど、値段が10万円と手が出なかった。代わりに2万円の黒のダウンを買ってしまう。素材感やシルエットが全く違うため、同じ黒のダウンでもかっこよくはなかったりする。(当然買うものによります)

一方、wearの場合、まず基本的に全てネット、もしくは店舗で手に入れられる商品でコーディネートされているケースが多いです。また、値段もその場でわかるので、大方の予算が検討しやすいというメリットがあります。

・手に入りやすい

・おおよそ自分に似た体型の人を見れば着衣イメージがわきやすい

・店舗のマネキンコーデよりも、いろんなお店のものを取り入れているので変なものをつかまされにくい。

以上の理由からwearでかっこいい服(コーデ)を見つけて丸パクリするのがとてもおすすめです。

(僕が好きな感じのやつを適当にスクショしてみました。)

僕たちは、特別おしゃれな最先端おしゃれになる必要はないのです。
wearでコーデを発表して承認欲求を満たす必要もありません。
いい感じのコーデを見つけたらそれをそのままパクればいいのです。

いいコーデが見つかったら、
服に慣れている人はwearから直接買えばいいと思うのですが、
服に興味がない人は似合う似合わないやサイズ感がわからないと思うので、
必ず実店舗に試着しに行くようにしましょう。

商品名で検索して、店舗を調べるだけです。

例えば、MSGMの服だったら、
「MSGM 新宿」

ほら、簡単でしょ?

服を買いに行くときは

服を買いにいくときの注意点です。

・下から揃えていく

・脱ぎやすい格好で行く

・できればおしゃれな友達と行く

・サイズがないならあきらめる

下から揃えていく

まずは足元から揃えていきましょう。
とにかく足元が変だと全部変に見えます。

シューズとボトム(パンツ)から揃えていくのがベストです。

シューズは白か黒、

今だったらFILAとか、
nikeのエアフォースワンとかいいんじゃないですかね。

10万くらいしますけどバレンシアガは超おすすめ。

パンツは黒のスキニーがあればとりあえず万能です。
持ってて損はありません。

ちなみに僕はLidomのスキニーを履いてます。

お金が出せるならヌーディジーンズの黒とか
かっこいいですよ。

ちなみに僕と同じように背が低い人は、
シューズの色、靴下の色、ボトムの色を一致させると足長効果を得られます。

そうそう、靴下はいろんなものを持ってませんか?

ユニクロとかだと、3足自由に選んで1000円とかで売ってるので、
ボーダー柄やチェック柄など、ついついいろんなものを選んでしまいがちです。
正直、柄が入っていると合わせるのがめんどくさいので、
できるだけ黒の靴下に統一すると楽ですよ。

全部同じやつだと洗濯したときいちいち探して合わせなくていいのでラクですよ。

脱ぎやすい格好で行く

服を買うときは死ぬほど試着してください。

これから買う予定の服はおそらくファッションに興味がないあなたにとって、安くない金額だと思います。

僕は同じ服のSとMを試着したりします。

試着するのが恥ずかしいとか、何回も試着室を借りるのが恥ずかしいなどと思う必要はありません。

買う気で行って、いいのがあれば買うのですからこちらはお客さんなのです。

とはいえ、あまりにこんもりした服を着て買い物にいくと毎回脱ぐのがめんどくさいと感じられると思いますので、脱ぎやすい格好で行くといいと思います。

僕だったら

下はadidasのジャージ(もしくは黒スキニー)、上はヒートテック+パーカー。

夏だったら白Tシャツ1枚とかで行きますね。

寒い時期はちょっとキツいかもですが。

できればおしゃれな友達と行く

なんだかんだ一人で最初買い物に行くのは不安があると思います。

できることならおしゃれな友達と一緒に行くといいと思います。

かくいう僕も、冷奴さんと一緒に服を買いに行った時から
ファッションに対する意識が変わりました。

サイズ感だったり、コーデがあってるかどうかなんかは
友達に判定してもらうといいかなと思います。

お店の人は商品を売りたいので多少似合ってなくてもゴリ押ししてきます。

人は自分が身につけたものや買ったものをいいものだと思う性質があります。
(名前があったのですがなんて心理効果か忘れました。)

ひとりで行く場合は、店員さんの話を鵜呑みにせずに、
本当に自分が欲しい商品なのかをしっかりと自問しましょう。

サイズがないなら諦める

昔、僕がやってたことなんですが、
「SサイズがないならMサイズで買う」みたいなことをやっていました。

サイズが違うと商品が違うと言ってもいいくらい、
サイズは重要です。

右と真ん中と左を、それぞれ手で隠してみるとどれくらい違うかがわかるかと思います。

サイズがおかしいとどれだけおしゃれなアイテムを持っていても変になります。

もう一度言います。変になります。

サイズ感がおかしいな?と思われたときは無理せず購入を諦めましょう。

いいなと思った商品が限定品とかじゃなければメルカリ、ZOZOタウン、楽天市場などでも買えます。

トレンドを追う

そして、ファッションは不変のものではなく、流動的なものです。

今はダボッとしている
デカめのコーディネートが流行っていたりするのですが、
昔はジャストサイズで着こなすのがかっこよく、
ダボッとしているのは「サイズ感があっておらずダサい」という風潮でした。

今あなたがルンルンで購入したかっこいい服も、
1年後には「ダサく」なっていることも全然あるのです。

ダサくなった服は、あなたが持っている服同様
即ゴミに出すか、雑巾にするかのどちらかです。

執着してはいけません。

トレンドを追うことには敏感になるべきです。

とはいえ、別に最先端を行きたいとかじゃなければ、
トレンドを掴むのはそう大変じゃありません。

東京限定にはなってしまいますが、
渋谷や新宿で同年代の服装を見て
「かっこいい」と思う人たちを目で追ってみましょう。

・なんとなく大きめの服で着崩してるな

・あのロゴよくみるなぁ

・同じ服よくみるなぁ

・最近この髪型多いな

そんな風に、街を歩いてるとなんとなくトレンドがつかめてくると思います。

そこそこモテるファッションなら、別に個性を出す必要はありません。

むしろ、流行っている服装=割とモテる

くらいで考えておいていいと思います。

自分がよく行く街のイケてる人に擬態するのが
ファッション攻略の近道のひとつかなと思います。

色々言ったけど、ファッションだけではスト値は語れない

色々書いたのですが、最後にひとつだけ。

外見改造はファッションだけではありません。

・髪型を自分にあったものにする

・身長を盛る

・肌をきれいにする

・筋トレをしてかっこいい体型になる

・歯科矯正をする

・整形

エトセトラ・・・

様々なものを絡めてスト値を高くしていくべきです。

自分は過去、髪型や身長盛り、肌のお手入れなどにリソースをそそぎ、学ぶのがめんどうなファッションに手を出さなかったため全く刺さりませんでした。

とはいえ、(今あなたがダサいなら)
ファッションは想像以上に
威力の高いスト値あげだということはお伝えしておきます。

まとめ ファッションって難しい

今書きながら自分でも思いますけど、ファッションって本当に難しい。

「スト値」とか、「即数」みたいに、明確に数値化できないので、
あくまでも「雰囲気」で正解にもなり、不正解にもなる。

だから、興味がない人にとっては苦痛でもあるんですよね。

正解くれよ!!という。

あえて言えば、モテるやつが着ている服が正解なのです。

誤解を恐れずに言うならば、モテそうなヤツが着てる服と同じ服を着ればイケてる雰囲気は作れます。

とりあえず「雰囲気おしゃれ」くらいまで行きたい人は

・wear見る

・いいコーデを探す

・それをそのまま丸パクリする

・店でちゃんと試着する(同じアイテム)

・サイズを確認しまくる

・トレンドを追う

このくらいできればとりあえずダサいところからは脱却できるかなぁと思います。

どのコーデにすればいいかわからんとか、自分で決められないとか、
そういう人は対面で買いに行くんでDMください。
予算とか系統とか考慮したうえで納得できる買い物します。(有料です)

長いのに読んでくれてありがとうございました!

それでは。

セフレを作って自信をつける。行動力があがるメルマガを発行しています。

僕は現在週1人程度、
女性との新しい出会いを楽しみながら
6人のセフレに囲まれて暮らしています。

 

もともとモテていたわけでも、
モテる武器があったわけでもないです。

 

身長は164センチで
ひ弱な体つき。
顔は濃ゆいのが移ると言われたり
童顔なのに体毛が濃ゆいことを
バカにされたこともあります。

 

クラブに行けば男に絡まれる
高校時代は
ヤンキーにボコられる経験もしてます。

 

風俗でお金を払ってSEXするのが
当たり前だと思っていました。

 

そんな僕でも、
ナンパに出会い、
恋愛を学び、実践し
本気で向き合ったところ、

 

あっさりとセフレという
心も体も満たされる
関係を築くことができました。

 

今ではデートの相手には困りませんし、
「今日はだれかと寝たいな」と思ったら
空いてる子が来てくれます。

 

恋愛は学校では学べません。
女の子との出会い方や
関係性の構築など。

 

そして、なにより
女性関係の悩みを克服することにより
揺るがない圧倒的な自信をつけました。

 

現在は起業して
自信をつけるセミナーをやったり
モテたい人にコンサルをしたり
webサイトの運営をやったりしています。

 

モテるっていうのは
男として、オスとして
必ず達成しないといけないことだと
僕は考えています。

 

そして、モテるのはただの通過点で、
自信をつけて人生を幸福にするのが
僕の理念です。

 

卑屈で、結果が出るのも遅かった自分が
どうやって今の自分を築いていったのか
その内容をメルマガにて発信しています。

 

自分でいうのもあれですが、
結構面白いと評判です。

 

もし興味があればサクッと
登録してみてください。

特典付きメルマガを読んでみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です