カップルでハプニングバーに遊びに行ってきた話

どうもこんにちは、ショーンです。

皆さんはハプニングバーというものをご存知でしょうか?

カップル、SMマニア、女装マニア、露出症や窃視症など、さまざまな性的嗜好を持った客が集い、会話を楽しんだり突発的行為を楽しむ。

かつては行為が暴走して乱交パーティー状態となることもあったが、現在では警察の取り締まりが厳しく、摘発を警戒して出入口を二重扉にしている店もある[3]。女性従業員がいる場合でも、客に性的サービスをすることはない。

単独男性からの料金収入に頼り、繁華街で風俗店の多い地域にも多い。老舗なら新宿、新興系なら渋谷、安全性なら上野など、地域により違いが見られる。

要は、偏った性癖を持った人がそれぞれの趣向を楽しめるバーになっています。

実は僕、ホテルとかで横のあえぎ声とかが聞こえるとめっちゃ興奮するという性癖がありまして・・以前からハプニングバーに興味があったんですよね。

これといって打診とかしたこともなかったんですが、先日アポった子がハプバーに行ってみたいと興味を持ってくれたので、今回行ってみることにしました。

果たしてそこにはどんな世界が広がっていたのか・・・

なお、バーで性行為等を行うことは法律に反しているため、通常行うことができません。

詳しくはこちらのサイトに書いてありました。

ハプニングバーは違法?合法?逮捕されない対策までカミングアウト

エンターテイメントが理解できる方のみご覧になっていただけると幸いです。

ハプバー入店のきっかけ

きっかけはある女の子とのアポからでした。

いつものようにいきつけの居酒屋で口説いてみるものの、どうもガードが硬い・・・

即を狙っていきましたが、よくよく話を聞くと処女とのことが判明。

とはいえ、性や夜遊びには興味があるらしく、ホストやクラブ、ストリップやバーレスクなどは一通り体験しているとのことでした。

んで、処女で硬いし、普通に話してて面白い子だったので、色々話を聞いてたわけなんですが、「そういう夜遊びしてるなら、ハプバーも面白そうじゃない?」という話になりました。

出会った当日でしたが、思い立ったが吉日ということで「今日行ってみようぜ」と手を引いて某ハプバーとされるお店に行ってみました。(ハプバーという場所の都合上、お店は控えます。)

お店に入るには、インターホンを鳴らして入場します。

僕自身もハプバーに入るのは当然初めてです。めちゃくちゃ緊張しました。普通にドキドキします。

意を決してインターホンを鳴らす。

ピンポーン・・・

男「ご入場希望でしょうか?」

男の人の声。

ショーン「はい、そうです。」

男「初めての方ですか?」

ショーン「はいそうです。」

男「保険証と顔写真つきの身分証はお持ちでしょうか?」

僕は持っていたんだけど、連れの子が持っていなかったため、残念ながら今回は行かないことに。

んー仕方ない、今回は帰るか・・と振り返ると・・・

連れの子が勝手にドアを開けて侵入を試みているww

どうせ受付ではじかれるのにwww好奇心ってマジでこわい

ボタン式の自動ドアだったので、入る前にドアが閉まりました。その瞬間、チラリと見える黒い影。。。

はい、普通にスト値1のデブが受付にいましたよ・・・

こんなところに来るのはこんなんばっかなのか!?と思いつつ、見なかったことにして仕切り直す。

入れなかったことを理由に近くのホテルに連れ込んだのですがフェラ負けでした笑

ハプバーへリベンジする

さて、前回入れなかったため、今回しっかり身分証を用意し、再チャレンジすることに。

居酒屋で軽く飲んで、バーに向かうも、緊張しすぎて暑い中周りをグルンと一周する。

整ったところで入場。

前回と同じようなやりとりをして、扉を開いて受け付けに入る。

中にはさらに自動ドアがあって、その中がハプバー。

あとから聞いたけど、ドアがひとつしかないと、開いた時に裸の人が見えたら即営業停止だかららしい笑

受付のお兄さんに免許証と保険証を見せて、それぞれの情報を用紙に記入する。

「これ、規約だから見ておいて。」

10個くらいあったけど、規約の中のひとつに「卑猥なことをしない」って書いてあってウケた。

用紙の記入と規約の確認が終わったら、会員証の発行と交換に料金を払う。

料金は男が12000円くらい、女が6千円だったかな。覚えてないけどたしかそんくらい。

僕たちカップルは初めて入ったので、緑のバンドと黄色の紙バンドを手に巻かれる。

緑がカップルの印、黄色が初めての印らしい。

カップルで入った場合カップルは常に一緒に行動しなければならず、ソロの男女に声をかけることも原則できない。

さぁ、ついに入場した。

まずは中の説明。入ったハプバーは1階、2階、地下1階に分かれている。

入り口は一階。ここは

・休憩室

・ロッカー(着替え)

・シャワー

がある。

休憩室では、カップルに話しかけるのは不可。話し声があるとすぐにスタッフが様子を見にくる。

ロッカーは男女共用。

着替えるのは後述するコスプレを着るときかな。

はちあわせなかったので特にここでのハプニングはなかった。

次に2階の説明。

2階には

・SMの檻(?)

・のぞき窓

・プレイルーム

の3種類がある。

説明の時にはプレイしている人はだれもいなかった。

SMの檻の前にはL字型の10人くらい座れるでかめのソファがあって、その前でハードなエロビデオが流れてた。

(飲尿とか、顔を板にハメこんでヤるとか。僕の性癖には刺さらないのでガン萎えした笑)

ちなみに二階に行くたびにリストバンドの確認が入る。

多分だけど、カップルがちゃんとカップルできているかの確認だと思う。(お互い離れるのが禁止だから。)

そして、いよいよ地下に足を踏み入れる。

ここには想像を超えた世界が広がっていた。

地下にひろがる新しい世界

地下は、作りはバーっぽい感じ。

流れている曲はもろクラブ。クラブに行ったらよく流れている曲がそのまま使われている感じだった。

階段は真ん中にあって、左にバーカウンター。

バーカンではすべて無料でお酒、ノンアルコールが飲める。

レッドブルとかテキーラとかも全部無料だった。

バカみたいに飲む人だったら14000円の入場料は安いのかな?

バーカンのさらに奥(入った左手)には

・プレイルーム(丸見えの部屋)

・ソファ

がある。

入って左手は主にソロできている男女が溜まるスペースらしく、にぎやかにやっていた。

ちなみにそこにはカップルでは行けない?っぽくて、行こうとしたら店員さんに止められた。

区切られてるわけじゃないけど、作り的に見えにくいところ。今回はほとんどなにも見てない。

それから、右手側。

そっちにはDJブースと、ダーツ、そして16人くらい座れる椅子があったんだけど、入った瞬間そこで2組のカップルがSEXしてた。

前述の通り、連れてきた女の子は処女。

はじめて人のSEXを見て(というか人のSEXを見る機会なんて普通ないけどw)完全に固まる。

動悸してんじゃないかな?って思って心配したけど大丈夫らしかった。

んでそこに座らざるを得ないから、とりあえずカップルがやっているところが視界に入らないポジションに座る。

(途中で退店したけど、そこでやってるカップルはその2組だけだったwいきなりだったから、処女子的には運が悪いw)

店員さんにドリンクを持ってきてもらって、乾杯してお酒飲んでたらSEXも終わったので、適当に所感を話しながら全体を見渡していると、だいたいみんなコスプレしてた。入ったのが20時くらいで、16〜20人くらいいたように思う。

プレイ中だった子以外は普通に胸や股間は隠れる格好。

制服とか。でも男は丸出しの人やハッピ着てる人もいた。熟年カップル以外は、割とコスプレを着ているのが当たり前な空気。とはいえ、強要されることもないし、普段着だからって変な目でみられることもない。

個人的には童貞を殺すニットを男が着てて、下半身丸出しだったのがウケた。

しばらくすると、さっき来たっぽいカップルに話しかけられた。

はじめての接触

男「乾杯ー!はじめてなんですね!」

リストバンドで初めてかどうかはすぐにわかる。

ショーン「そうなんですよ。なかなか特殊な空間ですよね」

男「まぁそうですね笑」

のちに聞いたらこの人、そこそこ大きい中小企業の社長だった。

結婚してるけど、もともと奥さんとセフレから結婚したので、お互い公認でセフレを作っていいことにしているらしい。

今の自分的に一番理想的な関係だなと思った笑

バンドを見ると、男は常連、女は初めてみたいだった。

色気のあるお姉さんって感じ。若くはないけど普通に綺麗。

ハプバーっていう環境もあるけど、エロい話半分、普通の話半分で4人で話す。

ハプバーっていきなり触られたりとかあるのかなってちょっと不安もあったけど、そういうことは全くない。

まぁ考えたら当然で、店員もいるし、カップルの場合は男もいるわけで、なんかあれば普通にトラブルになるのは間違いない。

あ、ちなみに反社っぽい人(ヤ○ザ、チ○ピラ)はいなかった。良くも悪くも普通の人ばかり。

相手の女性がかなり気さくで、上手に話を盛り上げてくれた。

「ねぇ、連れ子ちゃんもなんか着なよ。かわいいんだから。ランジェリーとかどう?」

普通に露出たかいやつを進められたけど難易度が高い。普通に制服ならOKということで一階に戻って制服に着替えた。

僕は普通に私服。

まぁなんやかやそれで話して、いよいよ二階に上がってみようってことになった。

二階はプレイエリアがあるところ。正直隣の声とかで興奮する僕にとっては、興奮が止まらない。

上に行ってみると衝撃の光景が広がっていた。

クソポチャ40〜50くらいのオジオバがヤっていた。

激萎え。。。

でも、フェラの音だけはめちゃくちゃ気持ち良さそうで笑った。

ちなみに覗いてる時は完全に私語厳禁。

多分しゃべったら速攻でつまみ出される。

3分くらいみてて、特にみたいものでもなかったのでそっと離れて、また地下に戻った。お酒が無料なので色々と飲みつつ、ソロで来ている外国人(危なくなさそうな雰囲気の人w)とか、みるのが好きっていうおっちゃんと話して、一通り楽しんだらまた二階に上がる。

次に見たのはなんと8P。。。

と言っても、

・1:1

・2:1

・2:1

の組み合わせで、同じ部屋で致していた。

部屋は正直そこまで明るくない。

顔はわかるけど、肌とかは全然見えない感じ。伝わりづらいけどw

スキンは絶対に着けないといけない。行為中はときおり店員さんがちゃんと着けてるか覗き窓からチェックするようになってる。

今回は割と普通の子がエッチしてたので、結構刺激があった。とはいえ、隣にいるのは淫乱ちゃんではないので、反応するのもなんかあれだなぁと思って(なんの配慮かわからんけどw)ある程度見たらまた下に戻った。

行ったり来たりを繰り返して、僕らは特にプレイすることもないので、そろそろ出ようとなって退出。

20時〜24時くらいまでで、全部で見たSEXは多分7組かな。

少し恥じらいもあり、まざまざとみたわけではないけど、AVの世界に飛び込んだみたいで面白かったです。

僕らはその後、おうちに泊まりました。

ヤるかヤらないかの攻防を繰り広げましたが、どうしてもこわいとなったのでまた今度タイミングが合えばしようということになりましたw

まとめ

というわけで、今回はハプニングバーにはじめて行った経験をまとめてみました。

次行くならHできるキセクと行きたいなぁと思いつつ、でも他の人とヤってるところとかは見たくないので複雑な感情です・・

カップルで行くなら交換するしかない(無理やりとかはもちろんない。)ので、嫉妬深い人にはおすすめしませんが、寝取られに興奮する人なら行く価値ありだと思います笑

あ、あと交換しなくても、単純にカップルでSEXするだけなのも大丈夫です。そうしようかなぁ。見られるの恥ずいけど・・笑

次は出会い喫茶に行こうと思っています笑

以上、ショーンの体験レポートでした!

セフレを作って自信をつける。行動力があがるメルマガを発行しています。

僕は現在週1人程度、
女性との新しい出会いを楽しみながら
6人のセフレに囲まれて暮らしています。

 

もともとモテていたわけでも、
モテる武器があったわけでもないです。

 

身長は164センチで
ひ弱な体つき。
顔は濃ゆいのが移ると言われたり
童顔なのに体毛が濃ゆいことを
バカにされたこともあります。

 

クラブに行けば男に絡まれる
高校時代は
ヤンキーにボコられる経験もしてます。

 

風俗でお金を払ってSEXするのが
当たり前だと思っていました。

 

そんな僕でも、
ナンパに出会い、
恋愛を学び、実践し
本気で向き合ったところ、

 

あっさりとセフレという
心も体も満たされる
関係を築くことができました。

 

今ではデートの相手には困りませんし、
「今日はだれかと寝たいな」と思ったら
空いてる子が来てくれます。

 

恋愛は学校では学べません。
女の子との出会い方や
関係性の構築など。

 

そして、なにより
女性関係の悩みを克服することにより
揺るがない圧倒的な自信をつけました。

 

現在は起業して
自信をつけるセミナーをやったり
モテたい人にコンサルをしたり
webサイトの運営をやったりしています。

 

モテるっていうのは
男として、オスとして
必ず達成しないといけないことだと
僕は考えています。

 

そして、モテるのはただの通過点で、
自信をつけて人生を幸福にするのが
僕の理念です。

 

卑屈で、結果が出るのも遅かった自分が
どうやって今の自分を築いていったのか
その内容をメルマガにて発信しています。

 

自分でいうのもあれですが、
結構面白いと評判です。

 

もし興味があればサクッと
登録してみてください。

特典付きメルマガを読んでみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です