女の子は毎回違うのに同じトークでいけるわけがない。本質を見抜け。

こんにちは、ショーンです。

恋愛相談のときに、「これを言えば刺さるっていう鉄板のトークを教えてください!」と聞かれることがあります。

僕はいつもそのとき「あなたと相手の状況次第だから一概には言えないけど・・」と頭につけて話し始めます。

人それぞれ考え方や立ち位置、お互いの関係性というのは全く違います。

例えば、バージンの子だったらSEXはとても尊いものだと思っている子もいます。

一方で、すぐに捨てたいと思っている子もいるでしょう。

逆に経験豊富な女の子だったらSEXに対する価値は非常に低かったりします。

タイプならだれでもOKとか。相手の思い、考えっていうのがあるわけです。

そういうのを全く尊重せず、テンプレのごとく毎回同じことを言って刺さるわけがないんですよね。

SEXすることって めっちゃいいことだらけやん」って言ってもA子にとっては刺さるフレーズでもB美にとっては「なんやこいつキモ」って思われることもあるわけです。

だから、まずは相手の考えっていうのをしっかり認知したうえで相手に合わせてトークは変えていかないといけないです。

小手先のトークテクニックはだれしも求めるのですが絶対に刺さるトークっていうのはありませんし、相手の考えなどにも

大きく依存します。

例えば、自分がiPadを売るセールスマンだったとします。

しかし、iPadを売りたい時に確実にこれがいいっていうトークはないんですよね。

 

相手が中学生ならゲームがたくさんできることがメリットだし

・相手がお母さんなら勉強が捗る、映画が楽しめるがメリットだし

・相手がおばあちゃんなら孫とビデオ通話ができるとか。

 

相手の属性やニーズに合わせて話を構築するってことがとても大事です。

この人はこんな価値観を持っているから、こういう風に話してあげるのがいいかな、とか。

小手先のトークを暗記するだけだとどうしても限界が出てきてしまいます。

本質的な思考を磨いていきましょう。

短いけどこの辺りで。

セフレを作って自信をつける。行動力があがるメルマガを発行しています。

僕は現在週1人程度、
女性との新しい出会いを楽しみながら
6人のセフレに囲まれて暮らしています。

 

もともとモテていたわけでも、
モテる武器があったわけでもないです。

 

身長は164センチで
ひ弱な体つき。
顔は濃ゆいのが移ると言われたり
童顔なのに体毛が濃ゆいことを
バカにされたこともあります。

 

クラブに行けば男に絡まれる
高校時代は
ヤンキーにボコられる経験もしてます。

 

風俗でお金を払ってSEXするのが
当たり前だと思っていました。

 

そんな僕でも、
ナンパに出会い、
恋愛を学び、実践し
本気で向き合ったところ、

 

あっさりとセフレという
心も体も満たされる
関係を築くことができました。

 

今ではデートの相手には困りませんし、
「今日はだれかと寝たいな」と思ったら
空いてる子が来てくれます。

 

恋愛は学校では学べません。
女の子との出会い方や
関係性の構築など。

 

そして、なにより
女性関係の悩みを克服することにより
揺るがない圧倒的な自信をつけました。

 

現在は起業して
自信をつけるセミナーをやったり
モテたい人にコンサルをしたり
webサイトの運営をやったりしています。

 

モテるっていうのは
男として、オスとして
必ず達成しないといけないことだと
僕は考えています。

 

そして、モテるのはただの通過点で、
自信をつけて人生を幸福にするのが
僕の理念です。

 

卑屈で、結果が出るのも遅かった自分が
どうやって今の自分を築いていったのか
その内容をメルマガにて発信しています。

 

自分でいうのもあれですが、
結構面白いと評判です。

 

もし興味があればサクッと
登録してみてください。

特典付きメルマガを読んでみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です